Line

自分の身体と条件に合った車椅子を入手するには



最初に考えなくてはならないのは、自分は車椅子をどう利用するかということです。どの程度の期間使うことになるか、分かりませんが、リハビリで短期間に回復し車椅子を使わなくてもよくなるかもしれません。また、家の中では、住宅事情により使えない場合もありますよね。段差があったり、狭かったりと様々です。

それでは外出のときだけ使用するという場合はどうでしょう。自分の力で移動するのか、または必ず介護者を必要とするのか。車に積み込めるかどうか。それは誰がやるのか。本当にケースバイケースです。

回りの人、医師、リハビリの関係、そして車椅子の業者さんと、よく相談しましょう。私の場合、自分で行動する事が多いので、そんなに車椅子を押してもらわなくても良いと思い、背もたれを低くし、押すためのグリップを小さくしたら、押しにくいと家族には不評でした。

ひたすら軽量で、コンパクトなものを追求した結果でしたが、今度新しい車椅子を作る時は、介助してくれる人の事も考慮しなければと反省しています。

身体の状況はずっと同じとは言えません。良くなる場合ももちろんありますが、もっと動きが悪くなる場合だってあります。これも車椅子利用者の厳しい一面でもあるのですから。私も年齢を重ねていくに従い、だんだん車椅子を動かすのが大変になってきていますからね・・・・・

Line

気になる記事ピックアップ

病院の車椅子は長持ち?
大きな病院にはたくさんの車椅子があります。車椅子はいろいろな患者さんに利用されます。病院の車椅子は壊れるまで使います。とはいえ、私が勤めていた病院.....

2台目の車椅子選びは1台目での失敗や経験を活かす※店選びも応援
2台目の車椅子選びは、1台目での失敗や体験を通じて、知識もありますし、不満や要望もより明確になってるはず。だからより生活にあった車椅子が選べ.....

バリアフリー
バリアフリーが当たり前のことになってくると、あまりバリアフリーという言葉もいぜんほど使われなくなったように思います。でも、本当はまだまだ足りないですね。

耐用年数の変更
「平成22年度障害者自立支援法に基づく「補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準」(告示)の一部改正について」で車椅子の耐用年数が5年から6年に変更になりました。

車椅子のいろいろ
車椅子と一言にっても車椅子にもいろいろあります。例えば、一般的な車椅子といえば非電動のものを指しますが、電動の車椅子もあります.....

Copyright © 2007 初めての車椅子 車椅子の悩みに 車椅子選び . All rights reserved