Line

病院内車椅子事情1



そして、私のながーい入院生活が始まりました。もちろん我が愛車の車椅子は真っ先にもってきてもらいましたが、左手はサポーターでがっちり固定されていますから、右手と右足だけでの操作になります。

車椅子は両手で操作するのが基本です。もともと、私は両手、両足の、力と、動かせる部分が極端に違うので、それをうまくカバーし合ってやっと日常生活を送っていますから、小指一本でも怪我をすると、大きな支障になります。それがなんと左手一本、まるまる3ヶ月使えないのですから、暗澹たる気持ちになったものです。

ベットに起き上がることも、最初は看護師さんにいちいち頼まなければならないし、ベットから車椅子に乗り移るにも、握力の弱い右手のみでベットの柵につかまっておそるおそる。なによりまた落ちたり、転んだりしたら!!!という怖さが先にたちトイレにもなかなか行けませんでした。

でも人間ってすごいですよね!だんだん、痛さがなくなってくると、どうにか自分で工夫して、うまく起き上がれるようになり、車椅子に乗り移れるようになりました。そして、もともとまったく動かない左足をも利用し、右手と右足を駆使して車椅子を思うように動かせるようになったんですよ!

私の好きな言葉のひとつは、「窮すれば通ず」(⌒⌒)vです。あきらめないで、今自分が何をやりたいか、それを実現するにはどうすればいいか、一生懸命考えて工夫すれば、大抵のことはできるようになると思いますよ。病院の整形外科病棟には急に怪我をして身体が動かなくなった人たちがたくさんいる訳で、そんな人たちが突然車椅子に頼らなければならなくなった状態は、とても大変そうでした。その分気持ち的には、私の方がゆとりがあったかもしれませんね。

Line

気になる記事ピックアップ

カッコいい車椅子選びを応援!機能・安心だけでなくデザインにもこだわろう
車椅子は身近なもの。カッコいい車椅子なら気分も違います。安心や機能だけでなく、デザインも重視したカッコいい車いす選びを応援します。ネッ.....

前座高
前座高は車椅子の寸法の中でも重要な寸法の一つです。床から座面の前までの高さのことです。足が床につかないのが普通ですが、低床タイプは足で車椅子をこげるタイプです。

クッション
車椅子の座面にはクッションを利用します。座面じたいは布製ですから。クッションは専用のものがあります。普通の座布団では、ずり落ちたり、長い使用では疲れたりします。

車椅子の入手
車椅子は福祉用具取扱店など専門業者のほか、ホームセンターでも販売されています。なおホームセンターで販売されている車椅子は.....

申請書と診断書がそろったら
申請書と診断書または意見書がそろったら、あとは業者さんに見積書を作ってもらい、市町村の福祉課に提出してもらえます。.....

Copyright © 2007 初めての車椅子 車椅子の悩みに 車椅子選び . All rights reserved