Line

病院内車椅子事情2



そんな具合でやっとトイレにたどり着けるようになったのですが、今度は中で立ち上がって便座に移ることと、病衣の上げ下げに冷や汗をかきながらの大奮闘。幸い車椅子用トイレにはしっかりした手すりがあり、なんとかできるようになりました。

洗面所の中にはやはり車椅子の足元の部分をいれることができて、蛇口に手が届きやすい洗面台があり、顔を洗ったり、手を洗ったりしやすい洗面台があったので、それもクリアできました。ただ洗面所の入り口にあったので、大きな車椅子の人がそこを使っていると、他の車椅子が通過できないという問題がありました。古い病院なのでしょうがないのでしょうが、作った段階ではそんな問題が起きるとは思わなかったのでしょうね。

話は少し逸れるのですが、私の住んでいる地域にも最近、大型店やレストラン、あるいは公共施設に車椅子に対応できるトイレが設置されているところが多くなり、車椅子利用者にとってはとてもありがたい環境になってきました。ただし、洗面所まで車椅子が使いやすいように配慮されていないところが結構あります。

車椅子は座ったままの状態ですから、足元の部分(膝まで)が洗面台の下に入らなければ、蛇口までの距離が遠くなり、私のように手が伸ばせない場合、とても使いにくいのです。無理に手を伸ばしても大抵洗面台の手前の部分は濡れていますから、袖も肘の上まで濡れてしまうといういやな事態に陥るんです。

細かいことですが、車椅子を利用するということは、普通の人が何でもないことが、とても大きな障害になるということを分かって欲しいですよね。このことについてはまた別にお話したいと思います。

Line

気になる記事ピックアップ

2台目の車椅子選びは1台目での失敗や経験を活かす※店選びも応援
2台目の車椅子選びは、1台目での失敗や体験を通じて、知識もありますし、不満や要望もより明確になってるはず。だからより生活にあった車椅子が選べ.....

バリアフリー
バリアフリーが当たり前のことになってくると、あまりバリアフリーという言葉もいぜんほど使われなくなったように思います。でも、本当はまだまだ足りないですね。

耐用年数の変更
「平成22年度障害者自立支援法に基づく「補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準」(告示)の一部改正について」で車椅子の耐用年数が5年から6年に変更になりました。

車椅子のいろいろ
車椅子と一言にっても車椅子にもいろいろあります。例えば、一般的な車椅子といえば非電動のものを指しますが、電動の車椅子もあります.....

思わぬ落とし穴(事故、怪我、入院)
新車の車椅子に乗って3年目、油断したのか疲れからか、大変な事が起こりました。私にとって、一番安心できる状態の車椅子から落.....

Copyright © 2007 初めての車椅子 車椅子の悩みに 車椅子選び . All rights reserved