Line

車椅子とバリアフリー



最近は車椅子に乗った人を見かける機会が増えてきたと思います。これは、街や建物などでのバリアフリーが進んできた証拠でしょう。とはいえまだまだバリアフリーは不足しています。

デパートやショッピングセンター、公共施設など人が集まる建物や、観光地や公園など人が集まる場所では、エレベーターやトイレが車椅子でも利用できるようになってきています。またスロープが各所に設置されるなど、車椅子での移動に配慮されたつくりになってきています。だんだんそういったことが「いいこと」ではなく「当たり前のこと」になっていけば、ようやくバリアフリーが定着したということですね。

高齢化社会が進み、健康な人でも将来的には車椅子を利用する可能性は低くないです。街や建物のバリアフリーが当たり前のことになることはとても大事なことですね。ちなみにバリアフリーは何も車椅子の人だけのものではないですね。杖をついている人、赤ちゃんを乗せたベビーカーなど多くの人にとってバリアフリーであることはとても重要です。




Line

気になる記事ピックアップ

病院の車椅子は長持ち?
大きな病院にはたくさんの車椅子があります。車椅子はいろいろな患者さんに利用されます。病院の車椅子は壊れるまで使います。とはいえ、私が勤めていた病院.....

2台目の車椅子選びは1台目での失敗や経験を活かす※店選びも応援
2台目の車椅子選びは、1台目での失敗や体験を通じて、知識もありますし、不満や要望もより明確になってるはず。だからより生活にあった車椅子が選べ.....

バリアフリー
バリアフリーが当たり前のことになってくると、あまりバリアフリーという言葉もいぜんほど使われなくなったように思います。でも、本当はまだまだ足りないですね。

耐用年数の変更
「平成22年度障害者自立支援法に基づく「補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準」(告示)の一部改正について」で車椅子の耐用年数が5年から6年に変更になりました。

車椅子のいろいろ
車椅子と一言にっても車椅子にもいろいろあります。例えば、一般的な車椅子といえば非電動のものを指しますが、電動の車椅子もあります.....

Copyright © 2007 初めての車椅子 車椅子の悩みに 車椅子選び . All rights reserved